家づくりQ&A 第114回

家づくりQ&Aの114回目です。

前回はロフトを子供たちのスペースへ提供してみてはどうかというお話でした。 囲われた狭い空間は子どもたちに安心感を与えたり、想像力を掻き立てたりする魅力的な場所ですから、家の中に子供たちの「秘密基地」を作ってみようということです。

良く眺めてみるとそのようなスペースはほかにもあります。

例えば階段の裏がそうです。

スペースの合理化から階段裏などはトイレや収納として利用されることも多いと思いますが、細長くて、狭くて、さらに斜めに上っていく天井など、構成要素は「秘密基地」にするには申し分ありません。

あるいは少年の心を持ったお父さんたちの書斎や趣味の部屋としても活躍が期待できそうです。


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com