家づくりQ&A 第118回

家づくりQ&Aの118回目です。 私たちが子供の頃の住宅と最近の住宅を比べてみると、現在の住宅で見かけなくなったものや姿を変えてしまったものがいろいろあります。 いくつか挙げてみましょう。 縁側は有りませんし濡れ縁はウッドデッキとなりました。障子はカーテンになりましたし、襖はあまり見かけません。全ての部屋がフローリングといったケースも一般的になりました。ちょっと悲しくなります。 畳敷きの部屋があればホッとしますが、これからはどうなるのでしょうか。 現在の畳の原型が出来上がっていたのは平安時代のようですが、建築の重要な要素となったのは江戸時代に入ってからであり、庶民の手に届くようになったのは江戸も後半になってからです。 とうことで、今回からしばらくの間、日本の家屋のパーツとして最もポピュラーな畳についてお話したいと思います。


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com