家づくりQ&A 第16回

Q:現場を見に行きたいのですが職人さんは気難しくないですか? A:確かにそんな人がいないとは言いませんが、職人さんがすべてそんな人ばかりというのは不幸な誤解です。 自分の周りにいる友人知人の性格を思い浮かべてください。陽気な人もいればクールな人もいて、様々だと思います。現場の職人さんたちも自分達の周囲の人々と同じです。 ですが、職人さんたちと信頼関係を築くためには、接し方に少々気を付けるべき点があると思います。 といっても、特別なことではありません。 それは自分たちが社会人として身に付けている立ち居振る舞いを実践するということです。 例えば、“こちらはお金を払っているのだから客の少々の無理は聞くべきだ”といった態度では、お互いの信頼関係が築けないということは日常では極々普通のことだと思います。 「職人が良い仕事ができるかどうかは建て主次第」といわれます。家づくりの情熱や思いが職人さんに伝わると彼らはより一層仕事に精を出してくれます。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com