家づくりQ&A 第18回

Q:家を建てるには工務店やメーカーに工事をお願いしますが、実際にはどんな人たちの手によって作られているのですか?

A:一軒の家が出来上がるまでに、50~60人の職人さんが関わるといわれています。全体の約3/4に関わる大工さんは分かりやすいですが、他にもいろいろな職種があります。

工程順に主だったものを挙げてみましょう。 まず、基礎の工事では、鉄筋を組む鉄筋工さん、コンクリートを打設するための型枠をつくる型枠大工さんが登場します。そのころ、大工さんの作業小屋では、材木屋さんから運ばれた木材が大工さんの手によって加工されています。 最近ではプレカット工場で木材をプレカットする場合も多くなりました。

建て方から上棟を経て、仕上げまでは大工さんが主役です。

上棟がおわり、外壁や屋根の工事になると、金属屋根なら板金職、瓦葺きならば瓦職が担当です。

外壁のサイディングは、今では専門のサイディング業者さんが施行することが多いようです。また、昔ながらの土壁は左官屋さんの仕事です。並行して、電気工事店や設備工事店の職人さんが配線や配管の工事を行います。

主だった大工工事が終わると、家具職人さんや建具職人さんが造り付けの家具や建具を取り付けます。

壁の仕上げにはクロスを貼るクロス職人さんや塗り仕上げの左官屋さんが登場します。最終盤で木部などを塗装する塗装屋さんが塗装をし、クリーニング業者の掃除が終われば工事は終了です。

この後、庭を調えるために植木屋さんも登場してきます。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

家づくりQ&A 138回

家づくりQ&A 138回 全国的に緊急事態宣言も解除さ、新型コロナ禍も取りあえずひと山超えた感があります。しかし、まだ油断はできません。ということで、一週遅れましたが今週も本の紹介をいたします。 建築の黙示録 ARCHITECTURAL APOCALYPSE  宮本隆司 著 最近では廃墟ブームなどもあり、廃墟紹介のサイトや写真集もありますが、この写真集は秩序を失っていく過程の一瞬の中に美しさを見出

家づくりQ&A 137回

今回も、自宅退避の手助けになるような、見ていて楽しい本を紹介します。 『日本の伝統色』  浜田信義著 発行:パイインターナショナル 日本の伝統的な美しい色250色の名称と歴史的な背景を解説した本です。 名前でしか知らなかった色、名前さえ知らなかった色を目にすることができます。 巻末には色名だけでなく、マンセル値やオフセット印刷用のYMCK値、コンピュータで再現する際のRGB値なども記載されてお

家づくりQ&A 136回

家づくりQ&A 136回 今回も、自宅退避の暇つぶしの手助けになるような本を紹介します。 旅はゲストルーム 浦 一也著 光文社知恵の森文庫 著者が泊まり歩いた国内外の一流ホテルを巡る旅のエッセイ集です。 興味深い点は、間取りや、室内のちょっとした工夫、特徴的な構造などを実測のスケッチとともに設計者ならではの視点から、書き綴っていることでしょう。 もとはといえば、スケール感を得るための修行として行っ