家づくりQ&A 第19回

Q:竣工間際ですが、施主が参加できることは何かありますか? A:工事完了の段階で、「竣工検査」を行います。施工者、設計者もそれぞれの立場で行いますが、「施主による竣工検査」も行いましょう。要相談ですが、設計者や施工者の検査に同行させてもらってもいいかもしれません。 この時のポイントはユーザーの視点から、ドアの開閉具合やクロスの汚れ、設備機器の状況などを確認するということです。 何か問題があれば補修・追加・手直しなどの工事が行われます。これらを総称して「駄目工事」といいます。これが終わると最終確認をして、一般的にはこのあとクリーニングが行われます。 電力会社や水道事業者、ガス会社による検査や本管との接続工事が行われるのもこのころです。 また、この時期から入居までの間を利用して見学会を開催させてもらえると、設計者・施工者にとって次へのPR活動となり、大変ありがたいです。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com