家づくりQ&A 第2回

今回はお金の話を少し。 家を建てるとなると、金額の大きい工事の金額に目を奪われがちですが、そのほかにもこまごまとお金のかかることがあります。事前に知っておくと心構えができますね。 ということで、 Q:工事費・設計料のほかにどのような出費がありますか A:まず工事に関連するものとして、確認申請料があります。また、地鎮祭や上棟式の費用やご近所へのあいさつ回りの際の手土産などの費用も必要です。さらに建物の竣工後には表題・所有権の登記が必要です。 加えて、ローンがあれば抵当権の設定登記が、土地を購入したならば所有権移転の登記が必要です。それらに対する費用も掛かります。ローンについても申し込みの手数料、保証料、生保特約料、火災保険料が発生します。 まだ続きます。仮住まいの必要があればその費用、新居への引っ越し費用も必要です。細かい話ですが、工事契約や設計契約の際の印紙税、不動産取得税、固定資産税などの税金にも目配りが必要です。 工事費に比べると金額は小さいですが色々ありますね。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com