家づくりQ&A 第20回

Q:いよいよ引き渡しです。 A:長かった工事も終わってしまうとあっという間のような気がします。 引き渡しの時は、設計者や施工会社の監督さんのみならず、社長さんもやってきます。 さらに設備会社の担当者も勢揃いして、機器の操作方法やメンテナンスの仕方、住み方のコツなどのレクチャーがあります。 順番は前後するかもしれませんがこの時に、建物の引き渡し証明書や確認申請の副本、検査済証などの重要書類が渡され、最も大切な家の鍵も渡されます。 一連の説明が終われば、今後のメンテナンスの予定を確認します。 こうして建物の引き渡しは終わりますが、やはり家づくりは人生最大のイベントです。できれば家族全員で話を聞きたいものですね。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com