家づくりQ&A 第23回

Q:最近では普通にLED照明について語られていますが、そもそもLEDとは何ですか?

A:「LED」は「Light Emitting Diode」の略で、発光ダイオードと訳される半導体です。

発光の仕組みは蛍光灯や白熱電球と根本的に異なり、電流そのもので発光します。

その仕組みを簡単に説明すると、電極から半導体に注入された電子(負の電荷をもつ)と正孔(電子の欠損した部分、相対的に正の電荷をもつ)が半導体の中で再結合した時に、エネルギーが光として放出されるというものです。

水銀を使わないとか、小型・軽量である、熱線・紫外線が少ないなどと、いろいろな特徴のあるLEDですが、最大の特徴は従来の光源に比べて圧倒的に長い寿命と、消費電力の少なさです。(寿命は約40000時間、消費電力は同等の蛍光灯と比べて約半分)

ですが、一方で、発光素子が熱に弱いとか、定格電流より大きい電流を流すと高い光束が得られますが、寿命が極端に短くなるといったマイナス面もあります。

照明器具として考えると、従来の光源に比べてイニシャルコストは割高でしたが、最近では価格もかなりこなれてきました。 長い目で見ると確実に経済的かつ省エネでしょう。

とはいえ、白熱電球や蛍光灯もまだ現役です。 次回は、それらについてもお話ししましょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com