家づくりQ&A 第26回

Q:いま、木を使って家をつくろうとすると、材料となる木材は海外から輸入されたのものですか? A: 確かに木造住宅全体を考えた場合、やはり使われる木材は国産のものよりも海外からのものが大半です。 ですが、戦後植林されたスギ・ヒノキが建材として活用できるまでに育ってきたことに加え、80年代以降、国産のスギ・ヒノキの価格が下がり、輸入材との価格差が小さくなってきたことなどにより、国産材も随分使いやすくなってきました。 また、幸いにも四国には良質なスギ・ヒノキの産地も多く、こうした木材を使うことについてかなり有利な環境にあります。自然素材ですから使用するに当たっては、工業化された素材よりも気を遣う点も多いですが、僕は四国のスギ・ヒノキ材を使いたいと思っています。

📷

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com