家づくりQ&A 第34回

Q:最近は男性も便器に座って用をたすようですが・・・ A:いつのころからかトイレには洋便器が一台据えられているだけになりました。手を洗うのも手洗い付ロータンクですますケースが多いようです。 その理由はたぶんコスト削減のために機器を減らしていった結果だろうと思います。 ですがちょっとさびしいですね。 僕は予算が許せばまず(男性の復権のためにも(笑))小便器設置を提案します。 男性のためにも、汚れ防止にも役立ちます。 それから、手洗い付タンクというのも少々悲しいですね。 「お手洗い」なのでちゃんと手を洗いたいです。 ではどうしましょうか。 僕は小さくても手洗い器を付けることをお勧めします。 さらに頑張れるならば、住宅のトイレであっても手洗い器だけでなく鏡や照明器具も設置して「パウダールーム」にしてしまいたいですね。

📷

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com