家づくりQ&A 第37回

Q:いえづくりで大変なのが度重なる打ち合わせですね。

A:確かに打合せの回数は多いです。かなり億劫になります。

ですが、設計者、施工者と並んで建て主さんも家づくりの当事者です。 家電を買うのとはわけが違います。しんどいですが、家づくりに参加しているという自覚をもって打ち合わせに臨んでください。

それは僕からのお願いです。

よく言われることですが、ご主人主導で話が進むとカッコいい家にはなりますが、奥さんにとっては家事動線のわるい家になりがちです。

ご夫婦双方が思っていることを打ち合わせの時に遠慮なく、すべておっしゃって下さい。そうすることによって物事の優先順位が決まっていき、家に対する共通のイメージが確立し、次第に家族にとって住みやすい家になっていきます。

それから、お子さんの持っているイメージも結構重要です。ある程度の年齢のお子さんがいれば、お子さんにも発言の機会を与えてあげてください。

家づくりは家族全員が関わるプロジェクトなのですから。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com