家づくりQ&A 第40回

Q:言いにくいのですがキッチンにゴミ置き場を置く場所がないのです・・・。

A:キッチンのゴミ置き場にふさわしい場所は見落としがちなポイントです。

ゴミは出てきたところで素早く処理したいですよね。 では、どんなゴミが出るか考えてみましょう。

よくよく考えると、燃やす必要のある生ゴミのほかはトレイやペットボトル、カンにパッケージ容器など資源ゴミが大勢を占めることがわかります。

ということは、ゴミ出しの日まで「置いておく」といったイメージですね。

そう考えるとキッチンのゴミ箱はゴミがでるような作業をしている人のそばにあって、かつ一定期間置いておける方がいいということになります。オーダーメイドのキッチンならば、例えばシンク下などにゴミ箱設置スペースがあるとベターですね。

ですが臭いと水分が曲者である生ゴミはそこに同居という訳にはいきません。

これについては勝手口やサービスバルコニーなどを設けて屋外に持って行くということになりますね。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com