家づくりQ&A 第45回

Q:新しい家では車のスペースも充実したいですね。

A:そうですね。ですが、これが設計者にとって意外にくせ者です。 じつは車って案外大きいものなのです。

例えば、人気の軽自動車の規格は、全長3.4m以下、全幅1.48m以下と決められています。特に最近のKカーはこの規格ギリギリの大きさで企画され、車内を広く設計されており、ちょっと前のものより大きくなっています。

忘れられがちですが、駐車スペースには余白が必要です。 具体的には、前後でプラス45センチ、左右にプラス75センチのスペースが人間の出入りのために必要です。これは最低の寸法です。

これらを考え合わせると、タテ4m×ヨコ2.2m程度のスペースが必要になります。畳でいうと凡そ5枚強の広さです。

Kカーでこれですから、3ナンバーとなると「推して知るべし」です。

さらに道路と駐車スペースとの関係(たとえば、前面道路が一方通行とか)によっては、車の動きが制限されたりもします。

ということで、駐車スペースの計画は周囲との関係に十分注意してください。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com