家づくりQ&A 第47回

Q:現場ではよく「三寸五分の柱」とか「三尺ピッチ」とかいう言葉が飛び交ってますが、日常ではあまり聞かないですよね? A: なかなか難しい話です。今の日本で使われる寸法体系は、学校でもおなじみのメートル法です。これは計量法という法律に基づいています。これによって、日常生活は国際基準のメートル法を使うことになっています。(メートル法が世界基準だからと言っても世界中がそういう訳でなく、アメリカはいまだにヤードポンド法です) ですが、現場に行くと厳密には違法である尺貫法が使われています。 もともと尺貫法は日本人の手や腕の大きさをベースに考え出された体系だと言われています。ですから、「立って半畳、寝て一畳」といわれるように、日本人の日常の身体感覚に馴染んだものでした。そうした身体感覚をもとに日本建築のモジュールが考案されてきた歴史があるため、現在もつかわれ続けているという訳です。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com