家づくりQ&A 第60回

Q: また聞き慣れませんが、「コンクリート強度試験」とは何ですか

A:住宅は基礎がコンクリートで作られていますが、調査対象となる住宅はおおむね無筋の布基礎であると思われます。

そこで、鉄筋の有無も確認しますが、経年の劣化などからコンクリートの強度も低下していますのでその強度も計ります。

最も正確に測定するには直接サンプルを採取し圧縮試験をすべきですが、予算的にもなかなか実施できません。

そこで次善の方法として、シュミットハンマーという測定機器を用いてコンクリートの強度を計ります。

これはコンクリートに打撃を与え、返ってきた衝撃により強度を推定する反発硬度法の一つで、構造物に損傷を与えずに検査が可能な方法です。

ですが、硬度から強度を推定する方法なので、その精度はやや低いものです。行うかどうかはちょっと悩みます。

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com