家づくりQ&A 第69回

いよいよ調査結果を依頼主に伝えます。

Q:どんなことをするのですか?

A:僕の所属する「一般社団法人 住宅医協会」では調査の結果を「住まいの診断レポート」にまとめ、調査内容と診断結果を説明します。

レポートは①概要②診断結果③資料編の三部構成となっています。

「概要」では建物そのものや設備、災害の履歴などについて記述し、「診断結果」では劣化、構造、維持管理、室内環境、バリアフリー、防耐火といった各項目について診断結果を記述します。

「資料編」では調査結果に基づいて描き起こされた図面や調査時に撮られた建物の写真が綴じこまれます。

報告の時間は1時間半から2時間ですが、クライアントの方々も熱心に、かつ集中して耳を傾けてくれます。

📷

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com