家づくりQ&A 第74回

Q:やっと現場にたどり着きました。新築の時は地鎮祭をしましたけど、リフォームにはそんな儀式はしませんね。

A:そうですね、前にもお話ししましたが、御存じのとおり新築では地鎮祭を行います。(2015年4月13日参照)

あまり多くはありませんがリフォーム工事の場合はそれに代わる「清祓式」(きよはらいしき)を行うことがあります。

取り壊し作業のまえに関係者がそろって永年そこでお守りいただいたことを土地の神に感謝し、あわせて工事の順調な進行と安全をお願いします。

リフォームの場合、ほとんどケースではこのような神事を行いません。

ですが、これまでの生活を振り返り、関係者一同の気持ちを新たに前へ進んでいくという意味から、こうしたけじめの儀式は大切にしたいと個人的には思います。

さて次はいよいよ解体工事です。

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com