家づくりQ&A 第76回

Q:早速ですが、解体が終わるといよいよ本格的な工事ですね。

A:そうですね。新築でも大規模リフォームでもほぼ同じなのですが、ものすごく荒っぽい方向付けをすると、工事は下から上へ、外から中へと進みます。(もちろんいつもそうなるわけではありません)

ということで、まず最初に取り掛かるのは基礎の工事です。

みなさんよく御存じだと思いますが、昭和56年以前の住宅の基礎は無筋コンクリートの布基礎がほとんどです。

このような場合は、一般的にはコンクリートの側面を斫り、目荒ししたうえで新たに鉄筋を差し込んで強固な鉄筋コンクリートの基礎を抱き合わせるという方法で補強します。

さらに古いものだと一様には決められませんから、ケースバイケースで最も良い補強方法を採用するということになります。

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com