家づくりQ&A 第77回

最終更新: 2018年10月11日

Q:基礎工事が終わると次は軸組ですね

A:そうですね。この工事では耐震診断の結果などに基づいて構造的に弱点となっている部分を補強していきます。

例えば、柱などが腐っていたり、シロアリの食害を受けている部分があれば取り替えますし、梁と柱を強固に固定する必要のある場所は金物を利用します。

また、地震の力を引きうける耐力壁を新たに設けなければならないこともあります。

こうした場合は、あわせて水平構面(屋根の面や2階の床の面など)の補強が必要となるケースもありますので、火打梁や構造用合板を追加するなどしていきます。

📷📷

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com