家づくりQ&A 第80回

Q:工事も終盤ですね。

A:そうですね。そこで、改修後の生活で最も身近になる仕上げ工事について少しだけお話ししましょう。

最近では床や壁といった内装を木材で仕上げるケースも増えてきました。床にスギやヒノキといった針葉樹の国産材をフローリングに用いる例は珍しくありません。

傷がつきやすいというデメリットはありますが、柔らかくて温かみのあるスギのフローリングには根強いファンがいます。

板張りの床や壁に調和する左官材料もリフォームには適しているのではないかと思います。最近は扱いやすい左官材料も種類が多くなりましたから、検討してみてはいかがでしょうか。

畳は、畳表だけを交換することも可能です。畳屋さんとも相談してみてください。

新築の場合以上に改修工事では大工さんの出番は多いですが、左官屋さんの出番も多くなれば良いなと思います。

📷

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com