家づくりQ&A 第82回

Q: リビングの入口の引き戸などはとても気に入っているものなので、リフォーム後の家でも使いたいのですが、可能ですか?

A: 出入り口の大きさが変わらなければ、同じ場所で再利用することも可能です。その際、戸車や手掛け金物などを交換しておけばさらに寿命が延びます。

もとの場所で使えなくなったとしても他の場所で使えるかもしれません。 最近の住宅の出入り口は以前よりも大きくなる傾向にありますので、古い建具の上下に新しい木を継ぎ足して高さなどを調整すれば再利用可能です。

もとの建具を上手に再利用すると新旧の対比が面白い雰囲気を醸し出しますので、積極的に考えてみてはいかがでしょうか。

さらに付け加えると、建具を新調するよりもコストダウンにも寄与しますよ。

📷

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com