家づくりQ&A 第75回

最終更新: 2018年10月11日

Q:考えてみれば当たり前なのですが、リフォーム工事は解体から始まるのですね。

A:そうです。リフォームは解体から始まります。

新築の場合は何もないところから出来上がっていくワクワク感がありますが、リフォームは、今まで見えなかったところが見えてくる驚きがあります。

ここで大切なことは、リフォームの場合は全てが新しくなるわけではないので、残すところ、残さないところを明確にしておくことです。

現場では設計者や工事担当者がそれらを確認したうえで解体がはじまります。

それから、解体までの話ではありますが、この時に気になるのが仏壇と神棚の移動です。

念のため仏壇は購入したお店かお寺に移動や保管の方法を確認した方が良いと思います。

神棚は、清祓式の後であれば家具と一緒に保管できますが、これも念のために清祓式の時に神主さんに確認しておいた方が間違いないと思います。

📷📷

最新記事

すべて表示

家づくり Q&A 第122回

家づくりQ&Aの122回目です。 前回、ことわざのはなしが出ましたので、畳にまつわることわざを拾ってみました。 最近ではあまり聞かれなくなったものもあります。 「起きて半畳、寝て一畳」 どんなに広大な屋敷に住んでいても一人の占める面積はわずか一畳か半畳であるというたとえ。 「畳水練」 理屈や方法だけに詳しくて、実際の役に立たないこと。 「悪人は畳の上では死なれぬ」 悪いことをする人は、快適な畳の

家づくりQ&A 第121回

家づくりQ&Aの121回目です。今回は畳表について。 俗に「女房と畳は新しい方が良い」と言われることがあります。新妻と新しい畳は、清々しくて気分がよいということから転じて、新しいものは清々しくて美しいという意味のことわざです。 今となっては堂々と使える場は少なくなりましたが、畳の清々しさは、畳表に使われている藺草(イグサ)に由来します。 イグサはイグサ目イグサ科イグサ属の単子葉植物で、種とし

© 2023 by ShureArchitects. Proudly created with Wix.com